茶色のマンション

離婚と住宅ローン

離婚後は、住宅ローンの連帯保証人から外れたい

投稿日:2018年4月22日 更新日:

 離婚する際に、住宅ローンの連帯保証人から外してもらうことは可能でしょうか?東京港区の行政書士が、やさしく、くわしくご説明致します。
ポイントは3つあります。

離婚して、連帯保証人からぬけるにはどうしたらいいの?

離婚したら、住宅ローンの連帯保証人から外れることはできるのでしょうか。

結論からいいますと、大変難しいです。

もちろん、現金がたくさんあって、全額返済できれば、借入金はなくなって、自動的に連帯保証人でもなくなりますが、現実的ではないですよね。

そのため、離婚したら住宅ローンはどうする?(1.売却編)でご説明の通り、離婚の際、住宅ローンが付いている、一軒家・マンション等の持ち家は、売却してスッキリ・サッパリするのが一番です。

しかし、さまざまな事情で売却できない場合はどうしたらいいのでしょう。

1.銀行など借入先金融機関の同意が必要

 連帯保証は、夫と妻、おふたりの約束ではなく、あなたと銀行などの住宅ローン借入先との契約となりますから、銀行のOKがなければ連帯保証人を外れることはできません

連帯保証人(例えば妻)は、住宅ローンを借り受けた人(例えば夫)が支払いを滞らせたときは、支払う義務があります

例えば、離婚公正証書で、「甲(夫)は、乙(妻)が〇〇銀行の連帯保証人から外す努力をする」などの取り決めをしたとしても、残念ながら、銀行には通用しないんです。

たとえ、離婚して他人になったとしても、現在、あなたが以前のマイホームに住んでいるか、いないかも関係なく、夫が支払いを滞らせたときは、支払う義務があります

そのため、離婚の際に連帯保証人となっている場合は、必ず、連帯保証人を外してもらう対策を考える必要があります。

どうしたら銀行のOKをもらえるの?

どうしても、連帯保証人を外れたい場合は、借入先銀行などのOKをもらう必要があります。

 銀行は、簡単には連帯保証人を外してくれませんから、何か対策を考えないと、連帯保証人である妻は、夫が滞納したときに返済の義務を免れることはできなくなります。

そして、その対策のためには、夫の協力は欠かせません。

単なる協力ではなく、保証人から外れるには、夫の「積極的な」協力が必要です。

方法としては

  • 一定額の金銭を繰り上げ返済する
  • 夫の親族(義父など)に連帯保証人となってもらう
  • 夫の親族(義父など)住宅ローンの不動産とは別の不動産を担保に入れる

 最終結果は、銀行次第ですが、夫の「積極的な」協力があれば、なんとかなる比率か高くなります。

義父に連帯保証人となってもらう

夫の親族に連帯保証人になってもらえるとしたら、親族の中で可能性が高いのは、義父かと思います。

義父自身が自分の住宅ローンを完済していることが第一条件となります。

完済していない場合は、残ローン額が問題となります。

後は、義父の年齢が第二条件ですね。

一般的には60歳で定年を迎えて、企業によって、もう少し頑張るという方は、再雇用制度で契約社員となって、65歳まで雇用され、65歳以降は、年金、その他の貯えに頼ることになります。

このため、銀行は60歳以降の方を連帯保証人にするのは、非常に慎重です。

しかし、ここで第一条件が生きてきます。

ローンのない不動産を持っていれば、銀行などに認められやすくなります。

2.夫に住宅ローンを借り換えてもらう

次の方法としては、別の銀行から新しいローンに借り替えてもらうことです。

  • 一定額の金銭を差し入れて、新住宅ローンの借入額を減らす
  • 夫の親族(義父など)に連帯保証人となってもらう
  • 夫の親族(義父など)住宅ローンの不動産とは別の不動産を担保に入れる

 この場合でも、夫の「積極的な」協力が必要です。

借入先銀行と交渉して、保証人を外してもらうよりも、新たに連帯保証人なしで住宅ローンを借り換えた方が、やりやすい印象です。

連帯保証人を外す手続きは、現在の借入先にとって、「最優先に対応しよう」とはなりづらいからです。

その点、借り換えは、新しい借入先にとって、「新規の申込」なので、結果はともかく、優先して対応してもらえます。

借換えを申し込む際には、妻を連帯保証人にせず、審査を受け、それを通すことができれば、妻を連帯保証人から外すことができます。

新しい借入先で、現在の住宅ローンの残高を借り入れ、旧借入先の住宅ローンを完済します。

そして、夫が、新しい借入先に月々ローンを返済します。

借り換えが完了後には、夫が住宅ローンの全額を負担する旨の離婚公正証書を作成し、該当の不動産について、ハッキリ決めておきましょう。

 

借換えのデメリット

借換えのデメリットは、お金がかかる。ということです。

旧住宅ローンを借り入れる際に支払った事務手数料や保証料といったものが、借り換えをするとまた必要になります。

その他、抵当権などの登記費用・司法書士の報酬などももう一度必要になります。

3.銀行との交渉

銀行など借入先に連帯保証人の変更を申請する際は、ほとんどの場合、借入先から離婚協議書の提出を求められます。

銀行の目的は、本当に離婚するのか?ということの確認と離婚に関する条件(特に住宅ローンに関する条件)を離婚契約書によって確認することです。

提出するのは、単なる離婚協議書でOKの銀行も多いですが、単なる離婚協議書はNGで、離婚公正証書の提出を求められる場合があります。

銀行の意向をくみとって、審査を通しやすいよう、あいまいさのない、しっかりとした離婚協議書・離婚公正証書を作成し、銀行に提出する必要があります。

住宅ローンの返済中に離婚する場合、特にあなたが連帯保証人になっている場合は、今後の方針が定まらないうちに銀行に相談するのは、やめましょう。

4.どんな事情で連帯保証人なったのか 

昔と違い、今は、銀行の系列の保証会社が保証する形が一般的ですので、住宅ローンには、基本的に連帯保証人は付けないことが多いです。

それにもかかわらず、連帯保証人になった(ならされた)のには、理由が存在するかと思います。

例としては、

・住宅ローンを夫が収入合算で借り入れた場合

ペアローンなどで借り入れた場合(互いに連帯保証人となっている)

担保提供をした場合(例えば、妻名義の土地に夫が住宅ローンで家を建てるなど)

・その他、銀行より連帯保証人が必要と判断された場合
借り入れの審査の結果、一旦は、融資が難しいとなったが、銀行より妻を連帯保証人にすれば融資OKとされたなど)

どのような理由で連帯保証人になったのかによって、また、あなたのご事情によって、ベストの選択は異なります。

あなたがそのまま住む場合は、住宅ローンはどうする?妻が住む編をご参考になさってください。

あなたにとっての最善を選ぶため、銀行にご相談頂く「前」に専門家に相談しましょう。

安心のフォロー体制

もっと詳しく
うつむく女性
安心のフォロー体制

離婚することは、結婚と違い、周囲の方々からは「おめでとう」の言葉もなく、自分で考え、自分で判断し、その責任を負わなければならない。という、とても孤独で厳しい戦いです。 そして、その孤独で厳しい戦いの中 ...

続きを見る

離婚公正証書・離婚協議書作成費用

もっと詳しく
電卓、ノート、ボールペン
離婚公正証書・離婚協議書作成費用

報酬及び費用 このページでは、弊事務所にご依頼いただく際の報酬額及び費用についてご説明致します。 初回面談相談 報酬:6,000円(120分) 初回相談は、業務をご依頼に至らなかった場合は120分で総 ...

続きを見る

ご依頼・お問合せはコチラ

-離婚と住宅ローン

Copyright© かしこい離婚のABC , 2019 All Rights Reserved.